K!naCo - きなこ -

現場至上主義の情熱系行動派ヲタクがお送りする共感型カウンセリング。敏感すぎるがゆえに悩んできた貴女が「自分の魅力」に気付き、貴女らしい人生を創っていくサポートをします。

怒るのが苦手でもいい!怒るのが苦手な自分も「自分」です。

 

怒るのが苦手でもいい!怒るのが苦手な自分も「自分」です。

 

カウンセラー K!naCoです、こんばんは。

 

「怒り」の感情を出すのが苦手って人、結構いると思うんです。

 

わたしみたいに。そう、わたしみたいに。

 

(いやいや、こないだめっちゃイライラしてたやん!というツッコミはどうぞ心の中でこっそりとお願します。)

 

「怒りは感情の蓋」と言われているので、カウンセリングを受けると「もっと怒って下さい!」なんて言われることもあるかと思います。

 

こないだもクライアント様とそんな話になったんですよね。

 

正直!ぶっちゃけ!わたしは、ですよ??

 

わたしは「怒れと言われて怒れるならとっくに怒ってるわ!!!」って思っちゃうんですよね。

 

それが出来ないから、苦しいんですよね。

 

仮に「怒り」が出てきたとしても、そんな「怒ってる自分」を嫌悪してしまうこともあると思うんです。

 

ただ「怒れ!」と言われても、自己嫌悪してしまう状態のままだと余計に苦しくなっちゃいますよね。

 

「それはちょっと、しんどいよなぁ」ってわたしは思います。

 

怒るのが苦手なのには「何かしらの理由」があるわけですよね。

 

・父親または母親が短気ですぐに怒鳴る人で怖い思いをした。

・自分が怒ることで周りの人を傷つけてしまうかもしれないと不安がある。

・人の顔色を伺う癖がついているため自分の感情を後回しにしている。

 

その理由は様々ですが、何らかの影響を受けて「今はそうなってるだけ」なんです。

 

それは仕方のないことだから、まずは「怒れない自分もOK」だと受け止めるところから始めてみたらいいんじゃないかなぁとわたしは思います。

 

怒れないなら、怒れないなりに練習していけばいいんです。

 

すぐに出来るようになる必要なんてないです。ちょっとずつでいいんです。

 

やっていくうちに出来るようになりますから、大丈夫です。

 

そもそも何が影響して「怒れない」のかは、カウンセラーと見ていけばいいと思います。

 

なかなか自分一人では気付けないことも多いですから、そこは人の手を借りてみるといいと思いますよ!

 

 

カウンセリングメニューを近々リニューアルして募集予定です!

 

 

「セッション受けてみたい!」という方は、お手数ですが下記よりご連絡いただけると嬉しいです!追って詳細お送りいたします!

お問合せフォーム

 

K!naCo - きなこ -